家庭教師のまたーりぶろぐ


カールグスタフ (無反動砲)

カールグスタフカールグスタフとは、スウェーデンのFFV社で開発された無反動砲である。口径は84mm。カールグスタフとは、昔のスウェーデン王の名前である。日本の陸上自衛隊でも84mm無反動砲(84RR)として採用されている。 現在はサーブ社が旧ボフォース社を買収して生まれた『サーブ・ボフォース・ダイナミクス社』が製造・販売している。構造 陸上自衛隊で装備している84mm無反動砲 84mm無反動砲を構える陸上自衛隊員個人運用可能な肩担式の携行無反動砲であり、本体は砲身、フォアグリップ、サイト、チークピース、肩当、脚、砲後部のスライド開放式の薬室からなる。砲口部のラッパ状の縁は破損を防ぐ為の部品で、射撃時には外される。砲身は特殊鋼製で、24条右回りのライフリングが刻まれている。発射方式はクルップ式であり、対戦車榴弾のHEAT 751(タンデム弾頭)、HEAT 551、多目的榴弾のHEDP 502、榴弾のHE 441B、照明弾のILLUM 545、発煙弾のSMOKE 469B、周辺防御用弾頭のADM 401といった多様な砲弾が用意されている。対戦車榴弾にのみ、弾頭を加速させるため砲弾にロケットモーターと安定フィンが付属する。クルップ式無反動砲という特性上、砲弾の雷管はリムファイヤー(薬莢底部の縁に雷管が取り付けられている)方式となっている。無反動砲という特性上、発射時には強力な後方爆風が発生するため、射手の後方に爆風を遮るものがないよう、発射する場所や環境には制限がある。沿革歩兵部隊が保有し戦車や装甲車、トーチカといった歩兵の装備する小銃等では破壊が難しい目標を攻撃する高い破壊力を有する軽量火砲として1946年から開発が開始された。1948年からスウェーデン軍に配備され、以降多くの国で採用されている。1980年代には、軽量化したカールグスタフM3や、使い捨て方式のカールグスタフAT-4が開発された。アメリカ軍では、カールグスタフM3をM3-MAAWSとして採用している。陸上自衛隊陸上自衛隊では、カールグスタフM2を84mm無反動砲として採用しており、部隊では通称として「ハチヨン」や「カール君」などと呼ばれる。イラク人道復興支援活動で陸上自衛隊がイラクのサマーワに派遣された際には、宿営地に対する自動車突入などのテロ対策用小火器として持ち込まれている。1979年から輸入を開始

<追い出し屋>被害者の会 11日に結成(毎日新聞)
官邸に銃弾入り郵便物か(時事通信)
病院と診療所の再診料、格差是正へ=10年度診療報酬改定で骨子−中医協(時事通信)
売れない!商品券「僕が宅配しても」と橋下知事(読売新聞)
<雪あかりの路>小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)
[PR]
by mcvwc1wzlj | 2010-03-02 01:55

<< <成田空港>団結小屋の撤去命令...      大型草食恐竜の新種化石=1億5... >>

家庭教師、たまにはまったり行きましょう
by mcvwc1wzlj
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧