家庭教師のまたーりぶろぐ


「病院にノーメークで行け」…薬物不正入手(読売新聞)

 大阪市西成区の生活保護受給者から不正入手した向精神薬をインターネットで違法転売したとされる事件で、神奈川県横須賀市、無職大沢広一被告(41)(覚せい剤取締法違反などで起訴)ら2人の自宅など関係先から、向精神薬と医薬品計約1万錠が見つかっていたことが20日、捜査関係者への取材でわかった。

 大沢被告は34都道府県のほか、米国にも薬を販売していたことも判明。神奈川県警は、大沢被告らが大量の薬物を日常的に入手し、ネットを通じて広範囲に転売していたとみて調べている。

 捜査関係者によると、県警は昨年11月〜今月上旬に大沢被告と、向精神薬などを受給者から買い取って大沢被告に渡していたとされる大阪市港区、無職栗山一郎容疑者(53)(同法違反容疑などで逮捕)らの自宅など約10か所を捜索した。

 その際、不眠治療に使われるハルシオンや、精神安定剤のデパスなど35種約1万錠の向精神薬や医薬品を押収した。大沢被告の自宅からは、約80人分の顧客リストも見つかり、販売先は国内外に広がっていたことが分かったという。

 一方で、栗山容疑者の自宅には、「頭がボーッとする」「興奮して落ち着かない」など個別の症状に合わせた向精神薬の名前と用量が記されたメモがあった。県警はメモに記した症状を基に、受給者に指示して必要な薬物を入手していた疑いがあるとみている。

 2人は、知人の女に薬の入手を指示することもあったが、「病院にノーメークで行け」「医者に『だるい』『やせたい』と言え」などと、具体的に話していたという。

 栗山容疑者は数年前、自ら生活保護受給者を使って薬を入手していたが、「バイヤー(暴力団組員)が入ることで、一度に多くの薬を仕入れられるようになった」と供述。受給者を巻き込んだ貧困ビジネスが急速に広がったとみられる。

元交際相手にナイフ突きつけ15時間監禁容疑 無職の男逮捕 警視庁(産経新聞)
わずか10分、一方的に電話切る…怒る伊仙町長(読売新聞)
鳩山首相、古賀連合会長と今月3度目の会談(産経新聞)
水俣病東京・大阪訴訟、和解向け事前協議入りへ(読売新聞)
和牛3頭、口蹄疫に感染=国内で10年ぶり−宮崎県(時事通信)
[PR]
by mcvwc1wzlj | 2010-04-24 11:26

<< 徳之島案表明に3町長「民意は変...      死者96人、初の2けた=飲酒運... >>

家庭教師、たまにはまったり行きましょう
by mcvwc1wzlj
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧